家族葬の大まかな流れ

家族葬はどんな感じで行うのかと、まだまだ疑問に思う人も多いと思います。家族葬といっても一般に行われるお葬式と順序が大きく変わるというわけではありません。

最初に身内の臨終 を見届けた後、 医師から死亡診断書を受け取ります。そのあと、家族葬をしてもらえる葬儀社を選び、ご遺体を運んで安置してもらいます。たいていは近所の葬儀社が多いようですが、病院に長く入院されていた方なら入院先近くの葬儀社を使う方もいるようです。日頃から家族葬をしてもらえる葬儀社を探して葬儀場を見学したり、どんな家族葬をしてもらえるか、費用がいくらくらいになるかなどを調べている方もいます。場合によっては、元気なうちからゆっくりと準備をしておくのもいいかもしれません。

そして葬儀社の担当者と打ち合わせをします。 今後の流れやすべてにかかる葬儀費用のトータル、何人くらい参列されるのか、料理はどうするかなど、細かな部分まで早いうちに取り決めます。そしてご遺体を棺に納棺して 通夜式を行い、通夜の後お葬式や告別式 を行います。お葬式後出棺となりご遺体を霊柩車で火葬場へ運びます。火葬後、骨を拾う骨あげ をしてから再び葬儀場へ戻り、繰上げて初七日法要を行います。その後精進落としをして僧侶、参列者と共にお料理を頂いて終了となります。

たいてい一般に行われるお葬式とほとんど違いはありません。一般葬の縮小版といった感じになります。何が違うかといえば一般的なお葬式のときは、親せきなどや、姻戚関係、本人の希望である人がわかっているならその人などに郵便などで案内を出して、お葬式が行われることを告げます。しかし家族葬の場合はほとんどが親しい身内だけで行うので、近い間柄でも遠くの親戚などは呼ばないこともあります。

小規模になるので、費用の面でも一般的なお葬式と比べて安くなることが多いようです。それぞれの家庭に合わせた費用をとりきめることもできます。セット価格などになってる葬儀社もありますし、必要なものだけ準備してもらえるところもあります。それぞれの家庭の要望が聞き入れられやすいということがメリットになっています。