家族葬のメリット

家族葬のメリットにはどんなものがあるでしょうか。まず一番にあげられるのは個人の遺志や家族などの気持ちを尊重できる自由さにあります。宗教や形式にこだわらず、こうしたいという故人の生前の気持ちを尊重して家族のためのお葬式ができます。

たとえば無宗教だった人が、亡くなった時だけ仏教式で送られたり、キリスト教式で送られたりすることを不自然に思う事もあります。それならば、音楽が好きだった人ならよく聴いていたレコードをかけてあげながら見送るとか、花が好きな人だったら立派な祭壇よりも好きだった種類の花で部屋を埋め尽くしてあげるといった希望を叶えることもできます。

お葬式というと暗いイメージや別れというのがあるため、どうしても暗くなりがちになります。故人が明るい人で楽しいことが好きな人だったら明るい感じの雰囲気で送ってあげたいと考える遺族の方もいるのではないでしょうか。しかし、人の目を気にして無口に静かにしていないといけないなどとか、嫌な雰囲気を我慢しなければならないこともないでしょう。

また、気を使いながら義理で呼ばなければいけない人も呼ばなくてすみます。家族や仲の良かった人や来てもらいたい人だけ呼ぶこともできます。職場のしがらみなどで気を使いながら来てもらう必要もありませんし、近い間柄の親戚でも、遠くにいてふだんから付き合いがない人なども呼ばなくてすみます。お葬式はただでさえ神経がすりへることも多いですから、そういうときに対人関係で疲労をためたり嫌な思いをすることもなく、アットホームなお葬式ができます。

また、経済的な部分でも一般的な今までのお葬式よりは楽になります。一般的なお葬式だと、親類縁者のなかでも立派なお葬式をあげないといけないなど見栄や体裁にこだわる人がいる可能性があります。そうなると祭壇でも花でも料理などでも、希望してたものより費用をかけなければならないこともあります。家族葬はそういう煩わしさもなくてすみますし、本人や家族が大好きだった料理で精進落としをすることもできます。好まないしきたりや形でお別れをしなくてすむというメリットがあります。