家族葬のデメリット

では家族葬のデメリットとはどんなところでしょうか。人が亡くなると今までに付き合いがあった人にお別れの知らせをする必要がでてきます。家族葬は基本的に亡くなった人と家族だけで行うものですから、残された家族が知らせない限りは誰にもわかりません。そのため、故人がお世話になったり親しかった人に不義理をしてしまう事があります。

また、故人が経営してた店などを継ぐときは仕事にもかかわってきます。家族や故人の遺志が静かに家族葬でという事であっても、どうすればいいかを迷うでしょう。そしてお葬式の後は、新聞欄などで後で知った人がせめて弔問に伺いたいと連絡があることもあります。そうなれば来られるタイミングに合わせて弔問の方に応対しなければなりません。お葬式後は役所などへの手続きで忙しいこともあり、各自でばらばらに来られると時間がとられて大変なこともあるでしょう。

家族葬は気楽なイメージがありますが、もし家族葬にする場合は後々の親戚や知人へのフォローはしっかりとしなればなりません。たとえお葬式に呼ばなかったとしても、亡くなった事と家族葬で送ったことはしっかりと伝えなければ失礼になります。お葬式に呼ばなかった知人などが来られる時には、香典等が不要でお供え物などもいただかないといったことについても、きちんと伝える必要があります。伝えておかないと、香典を持ってこられた方にその場でお断りすることになるので、角が立つこともありますし、なぜ家族葬にしたのかと文句を言われることもあるかもしれません。また、香典返しの準備も必要になります。

故人に仕事関係の知人が多かったり、趣味の集まりなどに入ってたりしたら、家族葬を行った後、何らかの形で故人をしのんで食事会とかをする必要も出てくる場合があります。弔ってあげたいという友人知人のお気持ちを考えると、残された家族としては何らかの形で対応することになります。そうなったときには集まる場所の手配や、時間などの連絡をすべて家族で準備しなければならないこともあります。そうなると、もう一度小さなお葬式を行うくらいの手間はかかるかもしれません。